Jazz Vocalist 山口有紀のブログです


by yukijazzvocal

sone満員御礼♪

久々の関西ライブは、満員御礼♪
雨にもかかわらず、入れ替わり立ち替わり、
たくさんのお客様がお越しくださいました。

各地の観光客の方々もたくさん訪れるsoneの醍醐味は、
初めてのお客様との一期一会があること。

ひとつきぶりにお目にかかる
関西のみなさんのお顔も、あたたかく、本当にうれしかったです。
来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。

今日は、2週間後に控えた 三宮basin streetライブのリハーサルを、
フィリップストレンジさんと。

フィリップさんの音は、聴くたびに、
自分の心の奥の方にまっすぐに入ってくる感じがします。
新鮮なのに、懐かしさを感じる、深いサウンドと、ユニークなアレンジ。

彼の独特のハーモニーは、美しくはかなく、驚きに満ちていて、
ひとつひとつに意味があります。

いろいろなアイディアが溢れ出してきて、
リハーサルがいつも長引いてしまいます。

今日は、 先日亡くなったジョーザヴィヌルのDVDをつい見始めてしまい、
次は ベティーカーター、ウェインショーターと、音楽サーフィンが始まり、
一時間半のつもりのリハが3時間半に!
きっと前世でも一緒にライブをしていた気がします(笑)

そんなフィリップさんに、20年来のベストパートナー、ラリーマーシャルさん、
初共演の山本久生さんを迎えた、最強バンドは2週間後。

新曲もやっちゃいます!
おすすめですので、どうか、お聞き逃しなく♪

3月20日(土)@三宮BASIN STREET
山口有紀(Vo)、Phillip Strange(P)、 山本久生(B)、Larry Marshal(Dr)
19:30Start- 4 sets
1500Yen
[PR]
# by yukijazzvocal | 2010-03-08 02:37 | ライブ情報

カニャクマリの思い出

昼間コーヒーを飲み過ぎたせいで、眠れない。


こういうとき、ぼーっと天井をながめていると、
今の自分の夢と現実との距離や、
自分と世界の距離について自然と考えています。


昔見たきれいな景色がふっと戻って来たりします。
たいていは、大学時代のインドの旅行のときの景色が多いです。


3回目ぐらいのインド旅行。
ゴアの海辺のゲストハウスで目覚めたある朝、
私はふと、カニャクマリという岬に行くことにきめました。


インドの地図のいちばん南の、とがっている、あの点。
北から南に向かうあらゆる列車の終着点です。


「太陽が、東からのぼって西に沈むところが両方見られる」という、
なんともロマンティックな枕詞がついている岬でもありました。


ひとりで一ヶ月ぐらいインドをまわっていたその頃。
旅慣れた気でいた私は、
なんだか旅に対するストイックなモードに突入していました。


ゴアのビーチは世界中から集まったヒッピーがパーティーを行う場所。
なんだかその浮き足立った雰囲気になじめず、
なーんにもない、どどーんと開けた海が見てみたくなったのです。



朝イチの電車にのって、南を目指すこと24時間。
朝の五時ごろ目をさますと、すでに列車は終点についていました。



駅に降り立つと、
駅名ボードには見たこともない村の名前が。



隣でおりようとしているおばあさんに
「カニャクマリ?」と言いながら地図を見せると、
首をふって、少し上の小さな町を指差しました。
今はここにいる、という意味です。


なんと、私が乗ったのは、カニャクマリより少し手前の、
見知らぬ村ゆきの列車だったのでした。



ガイドブックに、名前はおろか場所さえも乗っていないその村から、
私は唐突にカニャクマリを探すたびに出ることになりました。



村人のほとんどは英語がしゃべれなかったものの、
どうやら駅前からカニャクマリ行きの
バスが出ているらしいことがわかりました。



六時頃に出た始発のバスはすいていました。
30分ほどしばらく走ると、
隣町まで買い物にいくらしいおばさんや、
学校へ行く途中の小学生たちが次々と乗り込んできました。



寝ぼけまなこで、全くの心の準備もないまま、
名もない村のローカルバスに乗るのは、
本当に不思議な気分でした。



言葉がほとんど通じないので、
このバスがカニャクマリにたどり着けるのか、
自信がありませんでした。



でも、むしろたどりつけなくてもいい。
このままガイドブックに書いていないところにいきたい。
という思いが、バスのゆれといっしょに、
ゆらゆら揺れていました。



寝ぼけているせいで、
まわりの景色がフィルターをかけたように白みがかって
夢の世界みたいでした。



小学生の女の子のおさげが、
一本の無駄もなくもきれいに結われていて、
髪の毛の表面がつるつると光っていました。


赤いカバンと、白と黒のギンガムチェックのシャツが
朝の光を浴びて、ぴかぴかに輝いて見えました。


バスのドアが開くたびに、
朝の新鮮な空気をまとった
ふつうの人びとが入り込んできて、
みんなが幸せそうに見えました。



日常は、こんなにも美しいんだ。
でもこの人たちは、それに気づいていないんだ。
と、透明人間のような気持ちで、ふつうのインドの朝を眺めていました。



小さな家々の町並みを一時間ほど走ると、
徐々に景色が開けてきました。


緑の平野となだらかな山々が
窓の外を通り過ぎていきました。



と、唐突に、緑の山の向こうに、
巨大な茶色い物体が現れました。


30メートルぐらいの大きさの、
巨大な岩。


なんの予兆もなくまさに、こんな唐突さで。

d0083285_514313.jpg



なんでこんなところに岩が?
しかも、こんな大きさで。
どこから運ばれてきたんだろう…


あまりの巨大さと唐突さに驚きながら
周りをみわたすと、
インドの人たちは、何事もなかったかのように前を向いています。




まどの外には、ひとつ、またひとつと、
数十メートル大の巨大な岩が次々と現れては、
流れていきました。



みんなは岩には見向きもしません。
まるで、いつもそこにあるコンビニかなにかみたいに。





こんな異常な風景も、この人たちにとっては日常なんだ。


そう思ったら、
日常というものの不思議さを感じずにはいられませんでした。

それに慣れてしまえる、人間の大胆さも。




私は今でもよく、その岩のことを思い出します。
[PR]
# by yukijazzvocal | 2010-03-06 05:19 | 雑記

アタマに余白

1月から続いていた企画だらけの毎日が、ようやく終わりそうです。
70日間で、7クライアント、13商品。
個人的には、記録かも(笑)
どうか、少しでも多くのものが、いいカタチになりますように。


仕事に少し余裕ができたので、
今日は久々に早く帰って、ごはんをつくりました〜。

去年以来使えてなかったルクエで、じゃがいもとチキンのハーブ蒸しを。
菜の花とお揚げのお味噌汁に、土鍋ごはんを炊きました。


炊飯器より早くカンタンに炊けるので、
遅まきながらマイブームです。


ごはんをつくると、アタマの中のいろんなことが
整理される気がして、好きです。

ごちゃごちゃしてたものがすみっこに片付けられて、
白い部分が増えるというか。


余白って使わない部分なのに、
あるとないとじゃ全然違うんだよなぁ。


音楽だって、余白から生まれるものだし。

余白を制すものは、いろいろ制すのかも。






おとといの空
d0083285_23371585.jpg





私の家の前の通りは、
名古屋で一番はやく桜が咲きます。
d0083285_23411183.jpg




リクルートのキャラ「にゃらん」の生みの親の先輩から、
肉球まんじゅうをもらいました♪
d0083285_23425888.jpg

[PR]
# by yukijazzvocal | 2010-03-04 23:45 | 雑記
昨日のBODY&SOULは、
笑いっぱなしの3時間!

ひとつきぶりのライブで少しドキドキしていましたが、
演奏がはじまったら楽しくて夢中になってしまいました。


お笑いポイントは、伊藤大輔くんとの掛け合い。
バーでの男女の会話をそのまま歌にした"Selfish Fella"では、
伊藤大輔より高橋大輔、的なネタを盛り込んでみたり、

”You must be Crazyで”は、

"Crazyなのは大輔だ!"
"Crazyなのは、ユキだ!"
"…いや、たぶんCrazyなのは…トミーだ!"って、
唐突にトミーを主人公にしてみたり、

即興で歌詞をつくってやりとりする "I love you "では、
笑けてきすぎて、歌うのがせいいっぱいだったり…。

その場で歌詞を変えて、
いろんなネタをいじることができるのは、
ミュージカル的な曲が多いトミーバンドならではの醍醐味です♪

次回は3月12日(金)。
どうぞお楽しみに!

さて、一夜明けた今日は、朝イチの新幹線で戻って、
ピアニスト宮川純さんと、きたる4月17日(土)の名古屋スターアイズライブのリハを。

宮川さんとは趣味が合うのでは…と予感していたのですが、
やっぱり、思った通りで、
期せずして同じ曲を候補に挙げていたり、
ずっとやりたかった曲がかぶってたりと、
驚くほどトントン拍子に曲が決まっていきました。


選曲、アレンジともに、ものすごく充実していて、
新曲も、かなりたくさん。
いままでにない世界がドーンと炸裂しそうです!

ふつうのボーカルのやる曲とは大きく違うので、
いつもライブに来てくださっているみなさまにも、
きっとフレッシュにご覧いただけると思います☆

私が今一番やりたいと思っているジャズ!!
気合い十分、準備してますので、どうかどうか、聴きにきてくださいね♪


4月17日(土)@覚王山Star Eyes
山口有紀(Vo)、宮川純(P)、日景修(B)、黒田和良(D)
052-763-2636
http://www.stareyes.co.jp/


さー、今日は久々家にいるので、
スープでもつくろっかな〜〜〜☆



ライブ終了後のBODY&SOULにて、Tommyと☆
d0083285_16194047.jpg

[PR]
# by yukijazzvocal | 2010-02-28 16:16 | ライブリポート
2月いっぱいは、リチャージのために、
ライブお休み月間にさせていただいていました。


平日は相変わらずバタバタだったので、
週末や、仕事が早く終わった夜だけは、いろいろなことを楽しんで、
息抜きをしてみることにしました。


雪の京都と温泉、ブルーノートでのメイシオパーカーライブ、ラブリーでの浜崎航さんライブ、名古屋球場でのフリマ、スポーツバーでの日韓戦観戦、植物を植え替えたり、カレー屋さんや近くのバーに行ったり、買い物をしたり、スノボに行ったり…


会社に入ってから今まで、土日の半分は練習やライブだったので、
土日がまるっとあいてれば、たったひと月でこんなに色々なことができるっていうことが
私にとっては発見でした。


「これが普通の人の週末だよー。」
キラキラのゲレンデをリフトから見下ろしながらきいた友人の言葉が、
不思議にひびきました。
お休みはいいな〜。


でもやっぱり、お客さまに会って、歌を歌う。
その楽しさ、幸せは、私にとってまた別のもの。
他のものには変えられない、とても大切なものです。

それがないと、人生がうまくまわっていかないような、
鍵みたいなものですね。

そのことがわかって、よかった♪
それ以外の楽しみもわかって、よかった♪
ライブお休み月間は、年に二回ぐらいはやろうかな?(笑)


というわけで、感謝もあらたに、またバリバリとライブ活動をスタートします。
はじめは、南青山BODY&SOUL!
どうぞ、ごひいきに〜♪



<ひとつきぶりのトミーバンド!!シートベルトをしめて、ご覧ください♪>
2月27日(土)@南青山BODY&SOUL
《トミー・キャンベル ヴォーカル セッションバンド》
伊藤大輔(vo) 山口有紀(vo) トミー・キャンベル(ds) 林正樹(pf) 箭島裕治(b)   ¥3,500
Open 6:30 1st stage 8:00~ 2nd stage 9:45~
東京都港区南青山6-13-9 TEL. 03-5466-3348(午後5時以降)



<美形ピアニスト鎌田さんと、ベテランリズムセクションとの共演です。>
3月6日(土)@三宮SONE
山口 有紀 (Vo)鎌田 恵(P) 井手 厚 (B) 石川 潤二(D)
神戸市中央区中山手通1-24-10
TEL 078-221-2055
(1)6:50~ (2)8:00~ (3)9:10~ (4)10:20~  各40分の4ステージ



<トミーバンドに野本晴美さんが♪力強くも繊細な演奏は、圧巻です!>
3月12日(金)@南青山BODY&SOUL
《トミー・キャンベル ヴォーカルアイズセッション バンド》
伊藤大輔(vo) 山口有紀(vo) 野本晴美(pf) 箭島裕治(b) トミー・キャンベル(ds) 
Open 6:30 1st stage 8:00~ 2nd stage 9:45~
東京都港区南青山6-13-9 TEL. 03-5466-3348(午後5時以降)




<大好きなフィリップストレンジトリオと!このトリオにしかない、静謐で深い世界観を、ぜひ味わいに来てください!>
3月20日(土)@三宮BASIN STREET
山口有紀(Vo)、Phillip Strange(P)、萬泰隆(B)、Larry Marshal(Dr)
Coming Soon!!
[PR]
# by yukijazzvocal | 2010-02-24 03:43 | ライブ情報

スノボデビュー

今日は、人生初のスノボデビューを果たしました〜〜!!

昨日の夜、会社の先輩からの急なお誘いを受け、
スノボのスの字も知らない私が、なんと急遽スノボへ行くことに。

7時に家を出てドライブすること2時間。
たどり着いたウィングヒルズ白鳥リゾートの駐車場は、
満車にもかかわらずなんと50台を越える長蛇の列。
オリンピック効果でしょうか?


急遽予定を変更して、近くのスノーウェーブパーク白鳥高原へ。
こぢんまりとすいたゲレンデで、思う存分こけまくってきました(笑)

短いスロープを手始めに一度滑り降りた後、リフトを変更したら、
なんと、ついたところはいきなり山頂!(笑)

人生2滑り目にして山頂から滑りおりることに。
いや〜、こわかったけど、おもしろい!
5回ほど山頂から滑り降りたら、こけながらもなんとか格好がついてきました。

ものすごくお上手なのにも関わらず、
私がこける度スピードを落として
マンツーマンで教えてくださった先輩がたに感謝!


しかし、全部で50回以上はこけたので、
腕と足がぷるっぷる&キレイにアザだらけです。
明日、起き上がれるかな〜?

d0083285_0543047.jpg


先日新宿で、CMの撮影前にみつけたNECO BAR。
大量のJazzのレコードがあって、ジャズが絶えず流れています。

d0083285_0552317.jpg


d0083285_0554457.jpg

[PR]
# by yukijazzvocal | 2010-02-22 00:57 | 雑記