Jazz Vocalist 山口有紀のブログです


by yukijazzvocal

カテゴリ:雑記( 126 )

岡本太郎記念館PHOTOS☆

南青山の岡本太郎記念館にて。
ケータイカメラでごめんなさい☆
あ、ちなみに、写真OKの美術館なのです♪

太郎先生がお出迎え。
d0083285_243982.jpg



やっぱり、これ!
d0083285_245532.jpg




実際に手に触れることのできる写真とスライド。
d0083285_25838.jpg




う〜ん。爆発だ!
d0083285_25222.jpg




椅子や、何につかうかわからないものまで、さまざまなオブジェ。
d0083285_28933.jpg




アトリエ。
d0083285_2121127.jpg




このお庭を眺めながらお茶できるカフェもありました。
d0083285_26192.jpg




d0083285_26386.jpg

[PR]
by yukijazzvocal | 2010-04-02 02:17 | 雑記

ざくっと一週間☆

1月からガンガンつくりつづけてきた
CM企画ラッシュが落ち着きを見せてきました。

企画してないので、
あたまの中がからっぽになってます。
今はそこに音楽を詰め込んで、
せっせと次のライブのイメトレを楽しんでます♪


23日(火)
終日、webデザインの講座を受講しました。
htmlの仕組み、面白いなぁ。
次はフラッシュに興味がわいてきましたよ。



24日(水)
東京でCMのオフライン編集チェックの後、
名古屋に戻り、年度末のお別れ会。

広告界を代表するスーパーピーライター小松洋支さんが
名古屋から東京に戻られることになったんです。

まだ会社に入ったばっかりのころ、小松さんの
「オリンピックがなければ、平凡な夏でした」
のコピーに感動した私にとっては悲しい日になりました。

でも、中学校の制服を着たパロディお別れ会、「電中卒業式」。
面白かった~。



25日(木)
ふたたび東京へ戻り、新CMの試写を無事終了。
素敵なクライアントさんとの出会いに感謝です。

時間があったので、
六本木ヒルズの森美術館「六本木クロッシング2010:芸術は可能か?」へ。

知人の知人の作品が展示されてました。
観客投票で、写真家志賀理江子さんの作品に、一票!

作品も素晴らしかったのですが、
そもそも写真が好きだから入れちゃいました。


26日(金)
仕事の後、会社の部のお別れ会で、阪神ファンが集まる栄のお店「飛騨」へ。
城島のナイスバッティングを前にすれば、初対面の人だって5秒で意気投合!
スポーツって、使い方によっては、
かなり世界平和に貢献できると思います。


27日(土)28日(日)
土曜日は、夕方ごろまで仕事。
日曜日はスタジオ缶詰でしたが、
夜少しだけ、ゴリコ主催のライブへ顔出し。
家事と練習を楽しんだ週末でした♪


29日(月)
割とゆったりと仕事をこなせて、スタジオへ。

30日(火)
なんだかんだで深夜までプレゼン準備。
夜はスタジオへ。


31日(水)
東京にて、本編集。
CMソング、歌いました!
詳細は後で発表しま~す☆
名古屋に戻ってスタジオへ。

夜はお風呂で、伊坂幸太郎の「オーデュボンの祈り」を読破!

広告の仕事を始めてから、
長いお話が読めない体質になっていたのですが、
面白くて、1時間で残ってた半分読みきっちゃいました。

小学生のころは本が好きすぎて、
30分の帰り道、ずーっと本を読みながら歩いて
電柱にぶつかりそうになっている小学生だったのですが、
まだそのころの自分は健在だと再確認。


最近、放課後は17日ライブの準備に集中してます♪
[PR]
by yukijazzvocal | 2010-04-01 18:00 | 雑記

再会

久々に関西に帰り、実家でゆっくりした三連休。
地元のカフェや、たまたま行った大阪のクラブのオープニングパーティーで、昔のバイト仲間たちに遭遇。8年ぶりぐらいに会うとは思えないほど、みんな変わっていなかった。

うれしいなあ。

さて、これから東銀座で編集!
[PR]
by yukijazzvocal | 2010-03-24 15:25 | 雑記
ばたばたで日記がごぶさただったので、
覚え書きメモを。


金曜日
午前中仕事を片付けて、東京へ。
夜はBODY&SOULにて、伊藤大輔くんとのボーカルセッションバンド。
関西からのお客様や広告系のお客様などが、
奇遇にもたくさん来てくださった嬉しい一夜でした。


土曜日
翌日東京で新CMの打ち合わせがあったので、東京に残ることに。
空いた時間で、青山にある岡本太郎記念館に行ってきました。
夜はスタジオに行った後ふたたびBODY&SOULでティファニーさんのライブを聴きに。
ベースの岸さんの美しいメロディーも印象的でした。
なんと、偶然にもボーカルの溝口恵美子さんとバッタリ!

日曜日
NYでお世話になったベースの中村健吾さんと、
タイミングがあったので急遽ランチを。
いいバイブスを持っている人には、いいことがあつまってくるんだなぁ、
と思いました。

スタジオに行って、トミーと軽くセッション。
と、モーションブルーでのライブを終えたばかりの
ジョージデュークのドラマーがやってきて、トミーとセッションすることに。
東京は、いろんなことがハプニングしていますね。

夕方から、CMのフィッティングと音楽打ち合わせを終えて、終電で帰途へ。


月曜日
朝から深夜までプレゼン準備でしたが、
晩ご飯のため途中で抜けて、
会社の仲間8人で、オイスター食べ放題へ。
私は打ち合わせがおして、最後の30分しか参加できませんでしたが、
8人で200個のかきを平らげました(笑)
仕事の合間に遊ぶ精神、大切にしたいものです!


火曜日
ふたたび東京で新CMの打ち合わせ。
夕方名古屋へもどり、
別のCMの完成お祝い会の後、深夜まで打ち合わせ。


水曜日
つぎの朝まで、プレゼン準備!!(笑)

木曜日
徹夜明けでしたが無事午前中にプレゼン終了。
夕方に打ち合わせを控えていたので、
仮眠をとろうとマッサージにいくと、なんといっぱい!
やむなく、唯一あいていた初酸素カプセルへ…。
大きな寝袋状のカプセルは、
「あ、これ、中からはあきません」という店員さんの
捨て台詞とともにクローズ!(笑)

おかげでなんだかドキドキして寝られず、
一時間が終了してしまいましたが、寝られなくても頭はスッキリ。
その後考えた企画も無事通りました!
なかなかいいかも…ピンチのときは、また行こうっと!

夜は、同僚と軽くご飯を食べた後パッキングして終電で東京へ。


金曜日
某CMの撮影で、等々力へ。
いろんな方々のご協力で、
とってもかわいいのに仕上がりそうです♪


明日は、フィリップさんたちとの嬉しいライブ!
充実した一週間の集大成にしたいと思います♪
明日、三宮でお会いしましょう〜!
[PR]
by yukijazzvocal | 2010-03-20 05:39 | 雑記

かぞくなバンド

一緒に演奏してくださるミュージシャン。
ひとりひとりが、前にもまして、大切な存在に思えるこのごろ。
たったひとりが変わるだけで、全然違うサウンド、バンドになってしまう。
バンドは、家族みたいなものですね。

まだまだ家族を探すつもりでいたけど、
もう見つけているのかもしれないと、今日思いました。

出会いに、感謝です。
[PR]
by yukijazzvocal | 2010-03-09 02:30 | 雑記

カニャクマリの思い出

昼間コーヒーを飲み過ぎたせいで、眠れない。


こういうとき、ぼーっと天井をながめていると、
今の自分の夢と現実との距離や、
自分と世界の距離について自然と考えています。


昔見たきれいな景色がふっと戻って来たりします。
たいていは、大学時代のインドの旅行のときの景色が多いです。


3回目ぐらいのインド旅行。
ゴアの海辺のゲストハウスで目覚めたある朝、
私はふと、カニャクマリという岬に行くことにきめました。


インドの地図のいちばん南の、とがっている、あの点。
北から南に向かうあらゆる列車の終着点です。


「太陽が、東からのぼって西に沈むところが両方見られる」という、
なんともロマンティックな枕詞がついている岬でもありました。


ひとりで一ヶ月ぐらいインドをまわっていたその頃。
旅慣れた気でいた私は、
なんだか旅に対するストイックなモードに突入していました。


ゴアのビーチは世界中から集まったヒッピーがパーティーを行う場所。
なんだかその浮き足立った雰囲気になじめず、
なーんにもない、どどーんと開けた海が見てみたくなったのです。



朝イチの電車にのって、南を目指すこと24時間。
朝の五時ごろ目をさますと、すでに列車は終点についていました。



駅に降り立つと、
駅名ボードには見たこともない村の名前が。



隣でおりようとしているおばあさんに
「カニャクマリ?」と言いながら地図を見せると、
首をふって、少し上の小さな町を指差しました。
今はここにいる、という意味です。


なんと、私が乗ったのは、カニャクマリより少し手前の、
見知らぬ村ゆきの列車だったのでした。



ガイドブックに、名前はおろか場所さえも乗っていないその村から、
私は唐突にカニャクマリを探すたびに出ることになりました。



村人のほとんどは英語がしゃべれなかったものの、
どうやら駅前からカニャクマリ行きの
バスが出ているらしいことがわかりました。



六時頃に出た始発のバスはすいていました。
30分ほどしばらく走ると、
隣町まで買い物にいくらしいおばさんや、
学校へ行く途中の小学生たちが次々と乗り込んできました。



寝ぼけまなこで、全くの心の準備もないまま、
名もない村のローカルバスに乗るのは、
本当に不思議な気分でした。



言葉がほとんど通じないので、
このバスがカニャクマリにたどり着けるのか、
自信がありませんでした。



でも、むしろたどりつけなくてもいい。
このままガイドブックに書いていないところにいきたい。
という思いが、バスのゆれといっしょに、
ゆらゆら揺れていました。



寝ぼけているせいで、
まわりの景色がフィルターをかけたように白みがかって
夢の世界みたいでした。



小学生の女の子のおさげが、
一本の無駄もなくもきれいに結われていて、
髪の毛の表面がつるつると光っていました。


赤いカバンと、白と黒のギンガムチェックのシャツが
朝の光を浴びて、ぴかぴかに輝いて見えました。


バスのドアが開くたびに、
朝の新鮮な空気をまとった
ふつうの人びとが入り込んできて、
みんなが幸せそうに見えました。



日常は、こんなにも美しいんだ。
でもこの人たちは、それに気づいていないんだ。
と、透明人間のような気持ちで、ふつうのインドの朝を眺めていました。



小さな家々の町並みを一時間ほど走ると、
徐々に景色が開けてきました。


緑の平野となだらかな山々が
窓の外を通り過ぎていきました。



と、唐突に、緑の山の向こうに、
巨大な茶色い物体が現れました。


30メートルぐらいの大きさの、
巨大な岩。


なんの予兆もなくまさに、こんな唐突さで。

d0083285_514313.jpg



なんでこんなところに岩が?
しかも、こんな大きさで。
どこから運ばれてきたんだろう…


あまりの巨大さと唐突さに驚きながら
周りをみわたすと、
インドの人たちは、何事もなかったかのように前を向いています。




まどの外には、ひとつ、またひとつと、
数十メートル大の巨大な岩が次々と現れては、
流れていきました。



みんなは岩には見向きもしません。
まるで、いつもそこにあるコンビニかなにかみたいに。





こんな異常な風景も、この人たちにとっては日常なんだ。


そう思ったら、
日常というものの不思議さを感じずにはいられませんでした。

それに慣れてしまえる、人間の大胆さも。




私は今でもよく、その岩のことを思い出します。
[PR]
by yukijazzvocal | 2010-03-06 05:19 | 雑記

アタマに余白

1月から続いていた企画だらけの毎日が、ようやく終わりそうです。
70日間で、7クライアント、13商品。
個人的には、記録かも(笑)
どうか、少しでも多くのものが、いいカタチになりますように。


仕事に少し余裕ができたので、
今日は久々に早く帰って、ごはんをつくりました〜。

去年以来使えてなかったルクエで、じゃがいもとチキンのハーブ蒸しを。
菜の花とお揚げのお味噌汁に、土鍋ごはんを炊きました。


炊飯器より早くカンタンに炊けるので、
遅まきながらマイブームです。


ごはんをつくると、アタマの中のいろんなことが
整理される気がして、好きです。

ごちゃごちゃしてたものがすみっこに片付けられて、
白い部分が増えるというか。


余白って使わない部分なのに、
あるとないとじゃ全然違うんだよなぁ。


音楽だって、余白から生まれるものだし。

余白を制すものは、いろいろ制すのかも。






おとといの空
d0083285_23371585.jpg





私の家の前の通りは、
名古屋で一番はやく桜が咲きます。
d0083285_23411183.jpg




リクルートのキャラ「にゃらん」の生みの親の先輩から、
肉球まんじゅうをもらいました♪
d0083285_23425888.jpg

[PR]
by yukijazzvocal | 2010-03-04 23:45 | 雑記

スノボデビュー

今日は、人生初のスノボデビューを果たしました〜〜!!

昨日の夜、会社の先輩からの急なお誘いを受け、
スノボのスの字も知らない私が、なんと急遽スノボへ行くことに。

7時に家を出てドライブすること2時間。
たどり着いたウィングヒルズ白鳥リゾートの駐車場は、
満車にもかかわらずなんと50台を越える長蛇の列。
オリンピック効果でしょうか?


急遽予定を変更して、近くのスノーウェーブパーク白鳥高原へ。
こぢんまりとすいたゲレンデで、思う存分こけまくってきました(笑)

短いスロープを手始めに一度滑り降りた後、リフトを変更したら、
なんと、ついたところはいきなり山頂!(笑)

人生2滑り目にして山頂から滑りおりることに。
いや〜、こわかったけど、おもしろい!
5回ほど山頂から滑り降りたら、こけながらもなんとか格好がついてきました。

ものすごくお上手なのにも関わらず、
私がこける度スピードを落として
マンツーマンで教えてくださった先輩がたに感謝!


しかし、全部で50回以上はこけたので、
腕と足がぷるっぷる&キレイにアザだらけです。
明日、起き上がれるかな〜?

d0083285_0543047.jpg


先日新宿で、CMの撮影前にみつけたNECO BAR。
大量のJazzのレコードがあって、ジャズが絶えず流れています。

d0083285_0552317.jpg


d0083285_0554457.jpg

[PR]
by yukijazzvocal | 2010-02-22 00:57 | 雑記

生三段腹。

d0083285_0164267.jpg

[PR]
by yukijazzvocal | 2010-02-18 00:16 | 雑記

深夜のつれづれPHOTO日記

2月になればひまになるとおもっていたのに、
なんだかちっともひまにならず、今日もざんぎょ〜でございます。

この猛烈な忙しさのおかげで、企画するのが妙に早くなったり、
友達と過ごす時間が今まで以上に楽しくなったり、
会社で人と話す時間さえも貴重に思えて、
思わぬ収穫を得ています。

こんだけがんばったら、そのうちいいことあるかなぁ。

でも、オリンピック選手なんかをみるにつけ、
自分はまだまだ甘いなと思うこのごろ。
だって土曜日はラベンダーを植え替えたりそうじしたりできたしなぁ。

夏にゲットしたマドカズラの鉢も植え替えようとしたら、
鉢中にすっかり根がまわっていて、時の早さに驚きました。
そりゃそうだ。
茎も20センチから60センチぐらいに急成長したもんなぁ。

気づかないうちに、私たちもそれぐらい変わっていっているのかも。

鉢がいっぱいになったら、ひとまわり大きい鉢にうつらないといけない。
そうしないと、根は水を吸収できなくなって、
葉っぱが黄色くなって、枯れてしまうんです。

みんなが、自分よりひとまわり大きい鉢におさまれますように。




植え替えたばかりのマドカズラは手前。
d0083285_4541174.jpg


ベランダから見えるテレビ塔。
d0083285_4545716.jpg


つくりかけのプラネタリウム。
d0083285_4553216.jpg


家の近くの植え込み。
d0083285_456294.jpg


d0083285_4562613.jpg


d0083285_4564212.jpg


フリマでパトロール。
d0083285_4565470.jpg


実は、ファンです。名古屋駅にて。
d0083285_4572166.jpg

[PR]
by yukijazzvocal | 2010-02-16 04:58 | 雑記