Jazz Vocalist 山口有紀のブログです


by yukijazzvocal

New York Day 9

帰ってきて見ると、日記、だいぶ支離滅裂ですね(笑)
ほとんど朝の五時とかに時差ボケでメモのように書いていたからグダグダです。
読みづらくてすみません!


さて、最後の朝。
三時間ほど寝て、タクシーでラガーディア空港へ。
セキュリティーを抜けてボードを見ると、デトロイト行きの私の便は
30分出発遅れとの情報が。
ところが、デトロイトから名古屋行きの飛行機に乗り換える時間は、たったの1時間。
間に合うのか?と思って待っていたら、さらに10分おくれるという情報が。

そして実際に飛行機がついたのは、そのさらに20分ぐらい後。
つまり、ちょうど一時間遅れ!?
乗り継ぎが全然間に合わない!

NYにもう一泊して次の日飛ぶか迷いましたが、
帰国した次の日に仕事があったので、
デトロイトで一泊することを覚悟してとにかく先へ先へと進むことに。

飛行機の中でとなりになったユーゴスラビア出身の男性は、偶然にもギタリスト。
ニューヨーク在住歴20年ながら、ほとんどがスタジオ音楽の制作で
そろそろくたびれたよ〜と言ってました。
でも最近になって急に自分の音楽が仕事になり始めたとか。
人生って不思議。

デトロイトについて、広い空港を猛ダッシュ!
出発10分前にゲートに到着!ギリギリセーフ!

私の席のまわりはにぎやかなフィリピン系アメリカ人の女性たち。
聞くと、看護婦さんとお医者さんたちのグループで、
ボランティアでマニラに手術をしにいくんだそうです。


隣はニューヨークの大学でコミュニケーション学を専攻しているフィリピン系の女の子。
広告代理店で将来働きたいそうで、少し話しました。

機内では、最後の日に買ったJulie HardyのCDと、
先日発売したNY在住のシンガーERIKAちゃんのCDを聴いてました。

ERIKAちゃんは、壮健美茶のCMで歌ったほど美しい声の持ち主。
ハートが伝わる素敵な歌でした。

Julieは、コンテンポラリージャズ!って感じのアレンジバリバリのオリジナル。
ボイスから作曲、アレンジまでなんでもできちゃう。
この完璧さ…ハンパないなぁ。


時差ボケで眠れないままに、名古屋に到着。
やっとついた〜と思ったら、何やらマスクをして手術服みたいなのを着た
怪しい人たちがぞろぞろと機内に…

そっか、新型インフルの検査ですね。
アメリカではニュースにこそなっていたものの、人々の間で話題にも上らず、
「ふつうのインフルエンザと変わらない」という認識のようだったので、
まわりの外国人たちは、びっくりしてました。

結局一時間半機内に缶詰になったあと、解放。
そのまま家に帰ってデニーズで徹夜企画して、資料を提出、現在に至る…。
そろそろ寝ようっと!(笑)
[PR]
by yukijazzvocal | 2009-05-11 10:41 | 雑記