Jazz Vocalist 山口有紀のブログです


by yukijazzvocal

New York Day2

お昼間はゆっくり寝て、休息。
先日来日してBODY&SOULで会ったシーラ・ジョーダンと連絡をとった後、
元ダンサーで、学生時代から知っているOGAさんとタイ料理。
ニューヨークではいつもライブハウスめぐりばっかりで、
ゆっくり食事した記憶があんまりないので、楽しかった♪
帽子アーティストとして活躍する彼女に、元気をもらいました。

ピアニストの島田絵津子ちゃんに誘ってもらって、
OGAさんと一緒に、Jazz GalleryのJason Lindnerのライブへ。

バイオリン3人、チェロ1人、サックス&フルート2人、トロンボーン1人、ベース、ドラム、ピアノ、ヴォーカルという贅沢な編成。

一曲目からいきなり変拍子で、とばすとばす!
そこに詩をインプロしたような歌がのって…
う-ん、これはすごい。
ヘンタイすぎますが、好きすぎます。

Jeff Taylorというロックバンドのボーカルらしいけど、
エモーショナルなのに超正確で、うまい!!
テンションにいきまくったり、楽器と一体になって口笛や
フレージングを自在にあやつる姿はまさにジャズ。
こっちのジャズは、進化してるんだなぁ。

1stだけのはずが、2ndまでいることに。
Sparkle Wolf,5am again,a moment of peace,civilized peopleなど、
どの曲も繊細だけどヘンタイで、最高でした。

満員のお客さんのスタンディングオベーションで終了。
終わったあとJasonさんと少し話すと、
なんと、先日来日したクラウディアアクーニャのバンドにいたことが発覚!
あのバンド、相当かっこよかったもんなぁ。
5月にミシェル・ンデゲオチェロのライブで来日するそうです。
ヤバイ。
ミシェルも好きすぎます。
行けたら行ってみようっと。

絵津子ちゃんと、きのうもいったauturo's pizzaへ。
昨日のバンドがいたので、1曲シットインさせてもらうことに。
歌い終わったら、お客様たちから拍手喝采が…♪
ピアノのハリーから「なんで君の電話番号をぼくは今まで知らなかったんだ?」と
言われましたが、わたし、観光客です!(笑)

「もう一曲!」と言ってもらって、結局2曲歌いました。
「what a nice surprise!」「sounded great!」と
バンドメンバーやお店の人、お客様など
たくさんの人に言ってもらえて、お世辞でもうれしかったなぁ。

日本人&ジャズのギャップがそうさせるのか、初めてだからなのか。
とにかくNYのヒトビトの反応が見られたことが収穫でした。
自分の中でNYへの敷居がほんの少し低くなったようで、よかった。

でも、ジャムセッションなら、日本でもやらせてもらっているから、
NYやるなら、もっと上のレベルのことを目指すべきだなぁと再確認。
ジャムでほめられて喜んでるようじゃ、まだまだ。
次は自分のライブで喝采をもらえるように、がんばるぞ!

明日はなぜか朝からクワイアーで歌います。
クリスチャンじゃないけど、なんちゃってでごめんなさい…。
もう寝ます!(笑)
[PR]
by yukijazzvocal | 2009-05-03 17:20 | 雑記