Jazz Vocalist 山口有紀のブログです


by yukijazzvocal

「第7回神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト」(新開地)

(SHIN寄稿)

 2006年5月7日、「第7回神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト」に山口有紀さんが出演した。
 場所は「新開地駅」の東8番出口を出て歩行者道路を南に進み徒歩2分くらい。
 開場は予定より遅れたが、開演時間の15時には満席(約300席)になった。
 事務局発表では、6、7日の2日間で約500名参加とのこと。

 今年は93名の申し込みがあり、九州(久留米市)~東京にまで及ぶ。
 テープ審査だけで今回の出場者が決まったが、15分のデモテープのうち、インスト13分+ボーカル2分のもの、ボーカルの声が小さくて聴きにくいものなどがあったので今後気をつけるように注意があった。
 「テープだけで審査されるので、デモ作製には多少お金をかけるくらいのつもりで取り組んで欲しい。」とのこと。
 審査は、2曲歌い、歌唱力や表現力、拍手の量などで総合的に判断される。
 各審査員の持ち点は100点で、八百長はゼロのシステムらしい。

 山口有紀さんはこの日の2番目の出演だった。
 後で審査員にすばらしい表情と「濡れたいい声」を褒められたが、しぐさなどにまだ改良の余地があると言われた。
 西宮Jazzと比べ、やはり少し緊張気味だったようだ。

 「Guest Time Ⅳ」は姉妹都市シアトルでのVoオーディション合格者、高校生の部優勝者、コートニー・フォーチュン(金髪白人)と、一般の部優勝者、ゲイル・ペティス(黒人女性)だ。
 コートニーはいい声しているがまだ完成度は高くない。将来楽しみだ。
 ゲイルはサラの再来となるか、というくらいうまい歌手だった。

 さて、審査結果であるが、以下のようになった。

 グランプリ=MAMI(久留米市)(写真上から1番目)
 準グランプリ=阪井陽子(吹田市)(写真上から2番目)
 神戸JS賞=門馬綾子(大阪市)(写真上から3番目)
 新開地賞=宇根崎緑(泉南)(写真上から4番目)
 NHK神戸放送局長賞=後藤志歩(愛知県)(写真一番下)

 山口さんも今回のコンテストはすごく楽しかったと思う。
 また来年もチャレンジしていただけると思う。

下記の写真は下記URLに掲載されています。
http://www.art-farmer.com/kjvqc/7th.htm

d0083285_1313320.jpg

[PR]
by yukijazzvocal | 2006-08-02 21:58 | ライブリポート