Jazz Vocalist 山口有紀のブログです


by yukijazzvocal

Jazz Singers Special vol.1(西宮)

(SHIN寄稿)

 2006年4月16日(日)、兵庫県立芸術文化センター小ホールにて、西宮JAZZの一環として、「7人の歌姫ガーシュインを歌う Jazz Singers Special vol.1」が開催され、山口有紀さんも出演した。

 今回のライブの呼び物は、昨年秋完成したばかりの関西初の公立ジャズ(小編成の公演用)用ホールでできることだ。
 舞台を客席がすり鉢状に取り囲む、アリーナ形式のホールは関西初らしい。パフォーマーの一挙手一投足、息づかいまでもが聴こえてきそうな客席と舞台の一体感が味わえる希有なホール!だ。

 今回はガーシュイン特集!!
 7人のボーカルが色んな組み合わせで、チャーリー西尾さんの振り付けでガーシュインナンバーを歌い、踊った。
 バックミュージシャンの方々は、大塚善章(Pf)、中山良一(B)、上場正俊(Dr)そして米阪晴夫(Tb=トロンボーン)。
 そして登場したボーカルは、田谷真理子、南ルミコ、山口有紀、山内尚美、松浦美由紀、前重英美、そして石本望さん。

 第一部の全曲を紹介すると、
1.S'wonderful、2.The Man I Love、3.But Not For Me、4.A Foggy Day、5.Somebody Loves Me、6.Our Love Is Here To Stay、7.No More Blues、8.Love Potion #9、9.My Funny Valentine、10.Stompin' At The Savoy、11.Swanee

 第二部は、インストの曲が2曲でスタートし、1曲目は1951年、同名の映画のタイトルにもなった、"An American In Paris"ブルース、2曲目は子守唄の"Summertime"。
 その後、南ルミコの曲が2曲続いた後、山口有紀さんの登場だ。
 山口さんは、2001年ニューヨークを訪問し、今は本格的なJazz活動をしている。
 『Jazz界の仲間由紀恵』と、私らの仲間は呼んでいる。
 山口有紀さんは、おしゃれな(トラサルディのネッカチーフのような模様)ドレスで"Love For Sale"を歌った。
 Night in Tunisia、Shiny Stockings、Embraceable You、そして全員でI Got Rhythm、アンコールも全員でS'wonderfulを歌って踊った。

 写真は左から、山口有紀さん、松浦美由紀さん、前重英美さん。

d0083285_1251950.jpg

d0083285_12513031.jpg

d0083285_12515193.jpg

d0083285_12524766.jpg

d0083285_1253441.jpg

d0083285_12532212.jpg

[PR]
by yukijazzvocal | 2006-08-01 20:33 | ライブリポート