Jazz Vocalist 山口有紀のブログです


by yukijazzvocal

Phonolite+こめ速報

水谷浩章さん3daysの2日目ライブ、ついに終了しました!
わざわざ京都からお越しくださったデコピカさまや、いつも応援してくださるkurohyoさまなど…来てくださったたくさんの皆さんのおかげで、お客様は満席!みなさま、本当にありがとうございました。

当日二時からリハーサルを始めたのですが、密度の濃い内容で、あっという間に時間が過ぎていきました。
こめのトリオから始まったライブ。大儀見さん、外山さん、中牟礼さんと、次第にメンバーが増えていきました。

セカンドではさらにメンバーが加わり、総勢11人のphonoliteに。

今回は初めてチャレンジする曲やおもしろい曲が盛りだくさんでした。
アントニオカルロスジョビンの名曲dialogoでは初めて曲に歌詞をつけました。人がつけた歌詞を歌うのも好きだけど、自分がつくると全く意味合いが違うものになります。誰かの旅行写真を見せられるのと、実際に自分が旅行に行くのとぐらい!音楽をつくることの幸せ。こんなにも深いものなのだと教えていただきました。
また、以前から好きだった、アフリカ出身のギタリスト、リオネルルエケの曲をやったことも大きな収穫でした。スタンダードやビバップなど、ジャズの既存の共通言語から離れて音楽を考えたとき、その自由さはとめどないものですね。メロディーの枠を超えて音を生み出す楽しさ。ボーカル以外のミュージシャンが持っている自由さに気づかされ、またそれぐらい自由なボーカリストになりたいと気づかされた夜でした。

ライブ後のホテルで携帯から書いているので、あまりたくさん書けないのですが…今夜のことを表現するには、ふさわしいことばが見つからないけれど、こんな素晴らしい機会を与えてくださった素晴らしいベーシスト&アレンジャー&プロデューサー!水谷浩章さんに、心から感謝したいと思います。また、すばらしいphonoliteのみなさんと、こめの真由子ちゃん、朱美ちゃんに感謝をしています。
そして何より、来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
[PR]
by yukijazzvocal | 2009-11-23 02:26 | 雑記